FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちを巡るエピソード

みなさんこんにちは。Jです。

なんだかはっきりしないお天気が続いていますね。
いったん暖かくなった後での寒さはこたえますので、みなさんご体調の管理には十分お気を付けください。

さて、今日はうちの治療院で最近起こった、いのちを巡るエピソードをお話しします。

定期的にお越しになっている、一人の患者さんが「ここ2週間ほど胸の筋肉痛が治らない」とおっしゃいます。
「コーラスの教室で、手拍子を打ちながらリズムをとって歌ったのが悪かったみたい」と胸に湿布を貼っておられます。
「毎日通っている整骨院では、肉離れみたいなものじゃないかと言われているのだけれど、ちっとも良くならないの」
「お風呂に入ると苦しくなるし、5分くらい歩くと息苦しくなるのよね」

うかがっていて、あれ?変だなと感じました。
どういう時に苦しくなって、どういう時は痛くないかを詳しくうかがうと、どうも筋肉痛ではない。
最近人間ドッグを受けたけれど、心臓は問題なかったとおっしゃる。
でも、気になって結果を見せてもらうと、「T波平低」と書いてありました。

「それは労作時狭心症かもしれませんよ。もし、あと1週間その症状が続くようなら、お医者さんに行ってください。そのときに『労作時狭心症かも』というのと『T波平低』という2つのキーワードを必ず言ってくださいね」
と念を押しました。

途中経過ははしょりますが、結果的にそのかたは狭心症の診断を受け、来月手術なさることになりました。
筋肉痛だと信じて処置を続けていたら、いきなり心筋梗塞の発作で命が危なかったかもしれません。
いわばこれは、「救った命」というところでしょうか。


いっぽうで、来週出産なさる妊婦さんの治療院”卒業”もありました。
安産祈願のお守りを差し上げながら、胸がいっぱいになりました。
なにしろ、持病を抱えながらの妊娠でしたので、悪化させないように、お腹の赤ちゃんも元気に育ってくれるように、細心の注意を払いながらの受胎~妊娠管理でした。
私にとっては、ようやくここまでこぎつけたという安堵感とともに患者さんを送り出す、最高の瞬間でした。
幸い、何のトラブルもない妊娠生活でしたので、きっとご出産もうまくいくことでしょう。
これはいわば「育まれる命」です。



ただ、残念なケースもありました。
せっかく心拍もとれて、週数どおりの成長をしていた赤ちゃんでしたが、流産なさったかたがおられたのです。
不育症の治療面で悔やまれる部分もあるのですが、このご経験は、ご本人やご家族にとってとても大きな出来事だったに違いありません。「いろいろなことを考えさせられる経験だった」とおっしゃっておられました。

短い期間だけ天からお腹に降りてくる赤ちゃんは、大きな使命を持っていると言います。
パパやママに気づいてほしいことを、教えにきてくれるのだそうです。
これはいわば「とても短い命」・・・


助かるいのち、
産まれるいのち、
空に戻っていくいのち・・・

どれも大事ないのちです。
ご自分のいのちは、この世で1つしかありません。
そして、産んでもらったいのちです。自分のものではありません。
大事にしましょうね。

なにより、いのちを産めるのは女性だけです。
女性が女性であることを誇れる日本であってほしいと心から願っています。


どうか、これを読んでくださったみなさんに、かわいい赤ちゃんが授かりますように!!
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

第3回 いつかは赤ちゃん!!セミナー 開催予告

みなさんこんにちは!Jです。

今日は、またセミナーの告知をさせてください。
今度のセミナーは、前回の内容から一歩踏み込んだ内容になっています。
一層充実したセミナーにすべく、いろいろと工夫を凝らしました。
今までいらっしゃれなかったかたも、今回ぜひご参加くださいね!


不妊カウンセラー&専門鍼灸師が教える
第3回 いつかは赤ちゃん!!セミナー
~開催予告~

「いまはまだ考えられないけど、いつか赤ちゃんほしいな」

「もう赤ちゃんがほしいと思っているけど、なかなか授からない」

「ずっとほしくて不妊治療もしているのに、結果が出ない」

「いつかは」のひとも、「いますぐ」のひとにも役立つセミナーです。

病院、クリニックでは聞けない情報がいっぱいです!



一般のかた向けに初めて開いた第2回は、たくさんのかたにご参加いただき、

おかげ様で好評をいただきました。

ありがとうございました。


今回は前回のアンケートを参考に、

もっとシンプルに分かりやすく、もっと楽しく、

もっと充実した内容へとチューンナップしています。

カップルでも、お友達同士でも、お一人でもお気軽にご参加ください。


1・妊娠のしくみを学ぼう
~自然妊娠・人工授精・体外受精・顕微授精・卵子提供~

2・あなたは産めるカラダですか?
~セルフチェックと妊娠体質になるための工夫~

3・鍼灸診断のデモンストレーション

4・とっても簡単!お灸のやり方、ツボの押し方

5・女性力・妊娠力を高める運動法 ~ファータイルストレッチ~


(当日、内容変更の場合があります。)


開催日時: 5月19日(日)<13:30開場>14:00~16:00

料金:    無料

参加資格: どなたでもご参加いただけます。動きやすい服装でお越しください。

申し込み:
 haplus@haplus89.com までメールにてお申込みください。

定員:   10名 事前予約制

主催:   ハプラス鍼灸院 いと鍼灸治療院

お問合せ: haplus@haplus89.com までお問い合わせください。

会場:   花木登久子バレエ研究所

       〒221-0834 神奈川県横浜市神奈川区台町7-10

※会場をお借りするバレエ研究所と、今回のセミナーは一切関係ありません。
バレエ研究所へのお問い合わせはご迷惑になりますのでご遠慮ください

会場地図

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊治療が得意な鍼灸院の見つけ方

みなさんこんにちは!Jです。

今回の内容は、前回の予告どおり「不妊治療が得意な鍼灸院の見つけ方」です。
早く妊娠したいというかたには、専門クリニックでの検査に加えて鍼灸治療をおすすめしたいのですが、実際どこの鍼灸院に行けば良いのか迷っておられるかたも多いかもしれません。

不妊に限らず、患者さんには「鍼灸の世界自体が分かりにくい」とよく言われます。
「分からないから敷居が高い」とか、「口コミが頼り」とおっしゃる患者さんがほとんどです。

病院なら、外科とか内科と看板に書けるのですが、実は鍼灸の場合、「◯◯流」などと差別化するような情報を看板に書いてはいけないという法律があるのです。
鍼灸師の間でしたら、流派を聞けばだいたいの得意分野や治療方法はイメージできるのですが、それが表記できないというのは、私達鍼灸師にとっても不便です。
得意分野が分からないのでは、患者さんをご紹介したくても、安心してご紹介できませんからね。


と、言い訳していても仕方がないので、妊娠をバックアップしてくれる鍼灸治療が得意な鍼灸院の見つけ方をお教えします。


まず、整骨院・接骨院はあまりおすすめしません。
整骨院や接骨院の院長先生は、基本的に柔道整復師という資格を持っています。それに加えて鍼灸の資格も持っている人もいますので、そういう整骨院・接骨院では鍼灸も受けられます。
ただ、そういう先生は、筋肉に関する症状が得意なかたが多いです。肩こりや腰痛の症状があるところに鍼を打つことが多いので、内臓についてはあまりお得意でないかたが多いと思います。
いわば、鍼灸でも「外科」や「整形外科」にあたる分野といえば分かりやすいかもしれません。

次に、鍼灸・マッサージを両方受けられる治療院などで、スポーツ系の鍼灸院はあまりお勧めしません。
「スポーツ◯◯」とか「トレーナー◯◯」というような、スポーツを連想させる表記の多い鍼灸院といえばイメージしやすいでしょうか。スポーツ鍼灸の先生は、競技選手のパフォーマンスを最大限に引き出すのは上手で、筋肉や神経などには大変詳しいのですが、やはり内臓系にはあまり詳しくはないと思います。
上記2種の鍼灸師さんたちは、いわば”西洋医学的な”鍼灸師さんなのです。


逆に、妊娠したいかたにおすすめできるのは、マッサージはほとんどやっていないか、鍼灸だけを専門としている鍼灸院です。
中でも、脈を診たり(脈診と言います)、お腹を診たり(腹診と言います)してくれる先生は、きっと「経絡(けいらく)」という考え方で診察をしているはずです。
つまり、そこは東洋医学的に治療してくれる鍼灸院と考えて良いのです。
たぶん、みなさんがイメージする「鍼って、ツボとかに打つんでしょ?」の鍼灸治療は、こういう治療院で受けられるということなのです。

ちょっと説明をしますと、経絡とは「ツボ」を結んだ線みたいなもので、体中に何本もあり、手足と内臓をつないでいます。
西洋医学は、神経や動脈など、解剖すると見えるものを基本にしていますが、東洋医学は「経絡」という、目に見えないけれど体中をくまなく流れている流れを基本にしています。
この経絡を使えば、手や足に鍼を打つだけでも子宮を良くしたり、卵巣を良くしたりできるわけです。直接下腹部に鍼を打たなくても、子宮や卵巣に関係する経絡は、足にもありますからね。
ね?便利でしょう?
経絡を使った治療をする鍼灸院は、いわば「内科」と言えるかもしれません。ですから、婦人科を受診するのであれば、内科の鍼灸師を選んでくださいね、ということなのです。



妊娠に効きそうな鍼灸院が見つかったとして、もう1つ、大事なことがあります。
それは、鍼灸師との相性です。

鍼灸師もただの人間ですから、患者さんとの相性があります。
いくら有名で、いくらベテランの鍼灸師でも、患者さんとの相性が悪ければ、治りは良くないと思います。

私などはかなり好き嫌いの激しい人間なので、嫌いな人に触られるだけで具合が悪くなります(笑)
私の例は極端ですが、女性はそういう感覚が鋭敏なのではないかと思います。
ですから、実際に治療を体験してみて「なんかいいかも」と思える鍼灸師を探してください。


もう1つ、これは高度生殖医療(ART)をしておられる患者さんに限っては、ぜひARTの知識が豊富な鍼灸師さんを選んでください。

ある患者さんが「前に通っていた鍼灸院では、『採卵前なんです』とか『移植したんです』と言っても『要するに安産の鍼と同じでしょ』としか言ってくれなくて、会話が成立しなかったんです」とおっしゃっていました。
ARTを受けている患者さんにとっては、治療もさることながら、ARTに関する不安を和らげるカウンセリングが欠かせないと思うのです。
ARTはかなり高額ですが、その割に納得のいく説明をドクターから受けられないクリニックもたくさんあります。
ホルモン剤のことや治療の方法など、不安を抱えておられる患者さんも多いのです。患者さんは”きちんとした知識を持っている人に、私のケースはどうするのがベストなのかを相談したい”と感じておられるのです。

そうなると、やはりARTの治療について勉強している鍼灸師を探していただくのが良いと思うのです。
そういう鍼灸師は、きっとHPにそれらの資格をうたっていると思いますし、中には不妊クリニックに鍼灸院のパンフレットを置いているところもあるようですから、そういう鍼灸院に行かれてみてはいかがでしょうか?

もちろん、不妊治療に詳しい鍼灸師だからといって、どなたとも相性が良いとは限りません。「この鍼灸師だったら、安心してからだを任せられる」という感じがする人を探してみてください。
そういう鍼灸師さんに巡り合えれば、ある意味、一生の宝になると思います。


それでは、今週はこれにて終了。
これを読んでくださっているみなさんに、かわいい赤ちゃんが授かりますように!

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

一度の鍼灸治療で妊娠するか?

みなさんこんにちは。Jです。
寒暖の差で体調を崩していませんか?
私は、せっかく花粉症が山を越したのに、寒暖の差で鼻水が出る日があり、まだマスクを消費し続けています。

さて、今日のテーマは「鍼灸治療の頻度について」です。
前回「妊娠の特効ツボはあるか?」に続いて、主催したセミナーの参加者のかたの疑問にお答えする内容になっています。

結論から先に申し上げると、「一回の鍼灸治療で妊娠に至るのは難しい」というのが事実です。
中には一度だけで妊娠したかたもおられますが、それはかなりラッキーな例だといえます。

なぜ一度では妊娠しないのか、その理由は、「急性」と「慢性」という病気の区別と関連します。

鍼灸に限らず、どんな治療でも、急性の治療は短期間で勝負がつきます。
たとえば、風邪を引いて熱がある場合、病院で薬をもらって、風邪が治ればもう二度と病院に行かなくても大丈夫ですよね?
ぎっくり腰や寝違えの時もそうです。
痛みは激しいですが、短期間で治ってしまうのが急性の病気の特徴です。

それに対して慢性的なものは、治りが悪いのが特徴です。
同じ腰痛でも、ぎっくり腰より慢性腰痛のほうが治るのに時間がかかります。
なぜ時間がかかるかというと、悪くしてからの時間が経っているからです。

人は、痛いところがあると、痛みが出ないようにかばう動きをします。
たとえば筋肉を傷めた場合、筋肉を伸ばすと痛みが出るので、なるべく縮めて、固くして、動かないようにするのです。
内臓もそうです。
弱いところはかばうように、なんとなく背中を丸めた姿勢になってしまったり、心臓や肺の働きが弱いと、うつぶせや横向きで眠ったりします。

そんなふうに、ごまかしごまかししているうちに体が悲鳴を上げ始め、症状が出てくるのが「慢性」とつく病気の特徴です。


では、不妊症はどうか?
多くの場合、妊娠しにくい体質は、長い時間をかけて作られます。
冷え、肩こり、眼精疲労、胃もたれ、不眠、偏頭痛、生理不順、生理痛・・・
症状が一つだけのうちに、鍼灸治療にお越しいただければ、妊娠までそんなに長くはかかりません。
でも、大抵はもっとこじらせてからいらっしゃるので、時間がかかってしまうのです。

どれくらいの頻度で、何回くらい鍼灸治療に通えば妊娠できるか・・・
この問いに答えるのはかなり難しいです。
正直に言うと、本当にケースバイケースで、ご年齢や、ご体質、お体の状態によります。
ただ、多くの場合「週に1回、3か月はみてください」とお伝えすることが多いです。

とはいえ、遅くても3回目くらいの治療で、みなさん何かしらお体の変化を感じられて「これは体に良さそうだ」と実感されます。
そのあとは治療が楽しみになって、「治療が待ち遠しくて」と嬉しそうにお越しいただけるようになります。
鍼灸の良いところは、「妊娠のためのつらい治療」ではなく、「気持ちが良くて、体が楽になって、おまけで妊娠がついてくる」という感じの治療だということです。

鍼灸治療を始めたかたがたは、異口同音に「もっと早くやれば良かった」とおっしゃいます。

まだ経験されていないみなさんは、ぜひ一度、鍼灸治療を受けてみてくださいね。
そのときには、不妊治療の知識が豊富な鍼灸師を選んでいかれると安心です。

というわけで、次回のテーマは、「赤ちゃんがほしいかたに知っていただきたい、鍼灸院の選び方について」です。

これを読んでくださったみなさんに、早くかわいい赤ちゃんが授かりますように!!

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

haplus

Author:haplus
横浜の不育・不妊を中心とした、女性重視の鍼灸院です。
不妊カウンセラーでもある男女の鍼灸師が、女性不妊・男性不妊を引き受けます。
また、不育症の治療に力を入れているのも特徴です。
http://haplus89.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村
皆さんからの応援よろしくお願いします
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。