FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮筋腫は、不妊と関係があるか

みなさんこんにちは!Jです。
いよいよ梅雨の季節突入ですね。
梅雨どきは、気温がそんなに高くなくても湿度のせいで、ついつい冷たい飲み物などを取りすぎて体を冷やすことが多いです。
みなさんもお気をつけくださいね。

さて、今回のテーマは「子宮筋腫は不妊と関係があるか」です。

子宮筋腫自体は今や、非常にありふれた病気になりました。
女性の3人に1人は筋腫を持っているというデータもあるくらいです。
基本的に良性のものですから、コブみたいなものだと思っていただけるとイメージしやすいかもしれません。

なぜこんなに子宮筋腫になる女性が増えたかというと、女性が一生のうちに経験する生理の回数が増えたことが一因だと言われています。

昔の女性を、典型的な例で考えてみると、初潮がきたら数年のうちに結婚し、ほどなく妊娠。その後は母乳が出ているので、妊娠の期間と合わせて1年半から2年くらいは生理が止まります。
生理が再開すれば、また数ヶ月で妊娠。そうやってたくさん子供を産んでいましたから、生涯の生理数が少なかったのです。
昔は平均で50回。今は450回というデータもあるほどです。

つまり、子宮は妊娠するための臓器で、毎月毎月出血するようにはできていないのです。生理の回数が増えるほど、子宮筋腫などの弊害が出やすくなるのだと考えられています。

では、この子宮筋腫があると、妊娠に悪い影響があるでしょうか?

実は、子宮筋腫と一口に言っても、できている場所によって3種類に分けられ、それぞれで妊娠しやすさに差があります。

一つ一つ見ていきましょう。

1.漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)
漿膜下筋腫

2.筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)
筋層内筋腫

3.粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)
粘膜下筋腫


子宮そのものは筋肉みたいな組織でできているのですが、その外側(お腹の中がわ)にあるものが1番、子宮自体の厚みの中に食い込んでいるものが2番、内側(出血してはがれる側)にあるのが3番です。

一番多いタイプが2番で、しかもこのタイプは1つではなく複数見つかることが多いです。

結論から先にいえば、3番のタイプは不妊との関係がもっとも濃いので、不妊治療より、筋腫を取る手術を先にすべきです。

2番の場合も、筋腫が大きくなると内側に出っ張ってくるので3番に近くなってきますし、数が増えると子宮内膜の血行が悪い部分が増えますので、妊娠はできても流産につながるという側面もあります。

1番はほとんどの場合無症状で、かなり大きくなってから発見されることもあります。筋腫の中ではもっとも不妊との関係が薄いタイプといえるでしょう。


筋腫があると必ずしも症状が出るわけではありませんが、以下のような症状があれば、一度婦人科で調べてもらったほうが良いと思います。

1.月経量が増えてきた
2.生理痛がひどい
3.妊娠しない

不妊治療の専門ドクターの中には「これくらいの筋腫だったら妊娠には問題ないから、不妊治療を先にしましょう」とおっしゃるかたもおられるようです。
ただ、不妊治療の専門家と筋腫を手術するドクターは専門が違うので、手術担当のドクターの場合との見解が違うこともあります。
実際のところ、その筋腫が不妊にどのくらい影響するかは、できている場所や個数、大きさなどでドクターの判断が分かれるところでもあります。
30代後半で、不妊治療をしていて、しかも筋腫がある患者さんの場合、なるべく早く妊娠したいというあせりもあるでしょう。
しかし、妊娠反応は出たけれど、筋腫のせいで流産したのでは結局遠回りになってしまうかもしれないのです。最終的に出産まで至るためには、どこかで筋腫の手術は必要になるかもしれません。


もし、手術をすすめられたことがあるなら、手術の予約をしておいて、それまでの間に採卵だけを続けるというのもひとつのやり方だと思います。
手術をためらっておられる患者さんのために、手術についても簡単にご説明しておきましょう。
妊娠のための筋腫手術の場合は、2番か3番のタイプの筋腫ですから、ほとんどの場合は子宮鏡による手術になります。(2番の場合は腹腔鏡を使った手術になることもあります)
子宮鏡ですと、膣のほうから手術器具を入れて筋腫を取りますので、お腹に傷はつきません。入院も3日から5日くらいですみます。
もちろん、子宮はきれいに残ります。

手術の1ヶ月くらい前からスプレキュアなどの点鼻薬を使って生理を止めてから手術することが一般的です。
患者さんの中には「筋腫を取ると半年も採卵できない」と勘違いしておられるかたもいらっしゃるのですが、そんなにはかかりません。筋腫を治したいドクターとしては、生理を止めておけばおくほど筋腫が小さくなるので、「治療のためには半年くらい生理を止めると良い」とおっしゃるのだと思います。
不妊治療に戻れるまで、せいぜい2~3ヶ月のロスで済みますから、不妊治療で3周期以上成果が出ていないかたは手術を考えてみることをおすすめします。

手術はたいてい大学病院で行うことになるので、不妊治療をしている病院で紹介状を書いてもらうか、かかりつけの婦人科で紹介してもらうのが良いでしょう。
大きな病院だと、いろいろなところから患者さんが紹介されてくるので、手術まで数ヶ月待ちということも珍しくありません。早めに手術の予約をしておいて、その間に採卵スケジュールを組んだほうが現実的だというのはそのためです。

また、子宮筋腫は子宮内膜症や子宮腺筋症を合併しやすいので、悪化しないように管理することが大事です。
子宮内膜症や子宮腺筋症と不妊との関係については、また別の機会にお話しますね。

これを読んでくださっているみなさんに、一日も早くかわいい赤ちゃんが授かりますように!!



スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

セミナーにご参加いただいたかたがたのアンケートから

みなさんこんにちは。Jです。

気温差が大きい毎日ですが、ご体調には気を付けてくださいね。

さて、さっそく今回は、先日開催した「いつかは赤ちゃん!!セミナー」にご参加いただいたかたがたの声をお届けいたします。

当日の参加者は全部で8名。うち、ご夫婦でのご参加が2組でした。
お越しくださったみなさん、ありがとうございました。

5.19 いつ赤セミナー風景

さて、アンケートにお書きいただいた感想をご紹介させていただきます。

「(妊娠しやすい体にするための)ストレッチを実践しながら教えてもらえてよかった」(34歳女性)
「妊娠に関する知識が深まってよかった」(39歳男性)
「夫婦二人組でストレッチができるのが良かった」(36歳女性)
「話のテンポがちょうどよく、理解しながら進んでいけました」(39歳男性)
「日々の運動不足、日常生活の不規則さを改めて考えさせられるセミナーでした。鍼についての知識がなく、少し怖いと思っていましたが、(デモンストレーションを見て)受けてみたいと思いました」(38歳女性)

主催した私達にとって嬉しい声も届きました。
「今回は夫婦で参加をしました。日ごろ、主人に自分が説明しても分かってもらえない感じがしていましたが、今日のセミナーを通じて理解してもらえた気がしています」

そうなんです!
男性にとって分かりやすい妊娠セミナーというのが、当初からの隠れたテーマなのです。
画像を見てお分かりのとおり、一緒に主催したYは男性。
男性でありながら不妊治療のスペシャリストであり、不妊カウンセラーでもあるYは、男性の立場を代表しての発言が多いのです。男性が主体的に不妊治療にかかわっていくにはどうすれば良いかということに常に心を砕いています。
ですから、男性にとっても分かりやすい妊娠セミナーであるという感想は、最大の賛辞であります。
ありがとうございます!!

毎回スタッフへの意見もお書きいただいているのですが、毎回同じ感想が混じっているので、手前味噌ながらご紹介いたします。
「教え方がとても丁寧で分かりやすかったです」(38歳女性)
「話し方が優しいので良かった」(29歳女性)
おそらくは、話し方が優しいとは、Yのことを指しているのだと思います。男性のわりに優しいしゃべり方なのですよ。
鍼灸師というと、鍼を振り回す怖い人というイメージがあるのか、前回のセミナーでも「思ったより優しい人でホッとした」という意見をいただいたことがあります(笑)
わたしら、優しいと思うんだけどなあ。

ちなみに、このセミナーは毎回「いと治療院」との合同開催なのですが、今回は庄子先生は都合により欠席。ハプラス鍼灸院の二人で開催しました。
スタッフが一人少ないぶん、バタバタしてしまったのは申し訳なかったと思っています。


一方、改善を望む声も聞かれました。
「パネルの図がもうちょっと大きいほうが良かったです」(36歳女性)
「パネルが反射して見えにくかったので、プロジェクターがあれば良かったと思いました」(34歳女性)

プロジェクター。
確かに必要かもしれません。
次回までに間に合うかどうかわかりませんが、今後の課題とさせていただきます。

次回は7月に開催予定です。
場所はまだ未定ですが、決まり次第お知らせいたします。
今回ご参加いただけなかったかたも、次回はぜひご検討くださいね!!

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊治療を支える、裏方たちの情熱

みなさんこんにちは! ようやく春らしくなったと思えば、夏日になったり・・・
穏やかな気候にほど遠いですので、ご体調には気を付けてくださいね。

さて、先日、コメディカルの方たちと情報交換会をやりました。
コメディカルとは、医師を支える医療関係者という意味ですが、私達鍼灸師も不妊カウンセラーのよしみでそこに入れていただいたわけです。

集まった方たちは、主にエンブリオロジスト(胚培養士)さんと、不妊専門クリニックの看護師さんなどでした。

不妊治療を長くやっている患者さんでも、培養士さんの役割をあまり強く認識していないかたもおられるかもしれません。
逆に、培養士さんが患者さんと積極的にコミュニケーションをとるシステムができている病院もあります。

どんな病院のシステムであっても、彼らの力なしには高度生殖医療(ART)は成立しないのです。

培養士さんたちはいろいろな苦労をしながら、何とか1つでも多くの卵を、少しでもグレードの良い状態で受精・培養させようと頑張っています。
別のクリニックではどんなやり方をしているのかなど、お互いに情報を交換している様子を見ていて、本当に頭が下がりました。
少しでもスキルアップしていこうという熱意が素晴らしい。

全員かどうかはわかりませんが、少なくとも私が存じ上げている培養士さん達は、総じて勉強家です。
これだけ多くのカップルがARTに頼る日本ですから、当然、培養士さんたちは毎日多くの卵と格闘していることでしょう。

その培養士さんたちが異口同音におっしゃるのが「もう少し早く不妊治療を初めてくだされば、もう少しグレードの良い卵が取れただろうに」ということ。
どんなに培養技術が進んでも、卵の年齢を下げることはできない。
やっと採卵できた卵を、何とか受精させて培養できた、移植まで辿り着けた・・・でも、この卵だと妊娠する確率は低いだろうなあ、と思うこともあるのだそうです。
もちろん「え?あの卵で妊娠反応が出たの?!」ということも案外あるらしくて、「こればかりは移植してみないと分からない」というのが正直なところだともおっしゃっていました。

こういうたゆまぬ努力のおかげで、ARTで赤ちゃんを授かるカップルも増えているのですね。


私は、どなたでもARTをおすすめしているわけではありません。できれば自然妊娠が良いに決まっています。
ただ、自然妊娠を待っているにはタイムリミットが迫っているかたには、やはり何らかの助けがあったほうが良い場合もあるのです。

ARTで命を授かる赤ちゃんたちは、培養士さん、看護婦さん、ドクターなど、たくさんのかたの「元気に育っておくれ!」という願いを受けながら生まれてくるわけです。
生まれながらに多くの愛を一身に受けるというのは、なかなか悪くないと思うのです。

私達鍼灸師も、微力ながら、その一翼を担っていきたいと思っています。


テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

男たちよ!不妊治療に参加せよ!

みなさんこんにちは。Jです。

とうとうGWも終わってしまいましたね。
祝日のない6月を乗り越えて、楽しい夏休みまでがんばりましょうね。

さて、うちの治療院では、5月19日「いつかは赤ちゃん!」セミナーに向けて準備中なのですが、ご夫婦での参加がまだまだ少ないのを残念に思っています。

セミナー詳細はこちら↓

http://haplus89.blog.fc2.com/blog-entry-39.html


自然妊娠と同じく、不妊治療も男性の協力なしには成立しません。

それは、単に精子が必要というだけではなく、男性の精神的な支えなしには、女性は妊娠できないのです。

続きを読む

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

次回セミナーは、ここが違う

みなさんこんにちは、Jです。

今日は、5月19日(日)に開催する『いつかは赤ちゃん!!』セミナーについて少々詳しくお話ししようと思います。

今回で3回目の開催になるのですが、毎回内容を大きく変えてきました。
今回、一番大きく変えたのは、妊娠について学ぶ範囲を拡充したという点です。

私達は、不妊治療を専門にしている鍼灸師として、不妊治療で苦労なさる患者さんのつらさを日々感じています。
だからこそ、若いうちに妊娠に対する正しい知識を持ってもらい、いつかは不妊治療が必要ない社会をつくりたいと思い、このセミナーを始めたのです。

そのため、前回までは自然妊娠のしくみを詳しくお話してきました。
ところが、すでに不妊治療をしている方々にとっては、それだけでは当然足りない部分があるのです。

そこで今回は、自然妊娠のしくみに加えて、人工授精、体外受精、顕微授精、卵子提供のお話まで内容を広げることにしたのです。

つまり、うちの鍼灸院ではそこまでケアができる、ケアをした実績があるということでもあります。

ベビー待ちの方々にとって、どこまで治療をするかというのは、大きな決断だと思います。
ご夫婦の考え方によっても、お体の状況によっても判断は違って当たり前だと思います。

自然妊娠に越したことはない。
でも、時間との闘いになってきた場合、どこまで治療するか。
「ステップアップ」と呼びますが、それまでの段階から次の階段を登るかどうか、悩まれることもあるでしょう。

私達は今回のセミナーで、「ここまで治療は確立しています」というお話をするつもりです。
「できる」ことの範囲を知っておけば、「できるけど、私はやらない」「私は、できる限りのことをしたい」などとご自身で判断できると思うのです。

私達不妊カウンセラーは、患者さんがどんな判断をしても、その決断を尊重します。
ただ、階段を登るかどうか迷ったときに、治療法の正しい知識(メリット・デメリット)をお伝えするのも仕事のうちなのです。


不妊治療は、赤ちゃんを自分から迎えにいく治療です。
心静かに手を合わせて赤ちゃんを待つのも待ち方の1つ。
伸ばせるだけ両手を差し出して、赤ちゃんを抱きとめにいくのも1つの迎え方です。
そして、どこまで手を伸ばすかは、夫婦の決断なのです。

妊娠についてもっと知りたいというかたは、ぜひ5月19日(日)のセミナーにいらしてください。
お待ちしております。

詳しくはこちら→
http://ameblo.jp/itsuakasemi/entry-11510403552.html

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

haplus

Author:haplus
横浜の不育・不妊を中心とした、女性重視の鍼灸院です。
不妊カウンセラーでもある男女の鍼灸師が、女性不妊・男性不妊を引き受けます。
また、不育症の治療に力を入れているのも特徴です。
http://haplus89.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村
皆さんからの応援よろしくお願いします
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。