FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のいない将来を考えるとき

みなさんこんにちは、Jです。

10月も後半になってくると、一年という時間の短さに焦りを感じますね。
「夏を過ぎると『今年出産するのは、もう無理なんだなあ』って、つい思うんですよね」という患者さんのつぶやきに、かける言葉が見つかりませんでした。

どんなに頑張っても妊娠できないかたもいれば、望んでいない妊娠に苦しむ女性もいます。
本当に、運命というのはままならないものです。

36歳を過ぎると妊娠しにくくなるとか、
42歳を過ぎると自然妊娠の(一般的な)限界を迎えるとか・・・
そういう統計的な、あるいは西洋医学的な情報は、これまでもお話してきました。

何歳までは頑張れとか、何歳を過ぎたらそろそろ諦めろとか、そんな話をするつもりはありません。
ですから今回は、私自身の話をしようと思います。

私は、もう20年も前に一度結婚したことがあります。
絵に書いたような”だめんず”で、今思えばいろいろと笑える(笑うしかない)ネタをもらいましたが、それは今は余談です。

ともかく、子供もいないまま離婚し、その後は独身のままです。
来年誕生日を迎えると50歳なので、もう更年期です。
これも余談ですが、母の更年期がひどかったので、自分が更年期を迎える前に正しい知識を得たいと思って『メノポーズカウンセラー』の資格を取ったのです。

この先、卵子提供を受けない限り、私が妊娠することもないでしょう。

つまり、私は、子供を欲しいと願うカップルのお手伝いをしながら、自分は子供のいない人生を送っているわけです。
「矛盾しているのではないか」という人もいるかもしれません。
「妊娠した患者さんを羨ましく感じるのではないか」と思う人もいるかもしれません。

正直に言います。
私は、もし自分の子供がいたら、こんなに患者さんお1人お1人のことを一生懸命考えて治療できないと思うのです。
「今日は、この患者さんの治療を終えたら、帰りにネギと卵を買って・・・そうだ、クリーニング屋にも寄らなくちゃ」なんて考えながら治療してしまうかもしれません。
ですから、私には子供がいなくて良かったと思います。

子供を育てるのは、”人間を1人作り出す”ということですから、こんなに素晴らしい仕事はないと思います。
ただ、私には、それとは別の役割があると思うのです。
人間を生み出すことに比べれば小さな役割ですが、それでも私にしかできない仕事です。

そのことに迷いはありません。
選んだつもりはありませんが、きっと無意識に選んできたのだと思います。

ただ、もし私に夫がいたら、
もしその人が「この人と出会うために生まれてきた」と思えるほどの男性だったら、
きっと「この人の子供が欲しい」と心から願うと思います。

だから私は、巡りあう患者さんお一人一人が、何らかの結果を受け入れるまで、精一杯寄り添い、力を尽くします。
もちろん、出産で終わる治療ほど嬉しいものはありません。
ただ、そうでない形であっても、患者さんが幸せになれると良いなとひたすら願うのです。

人間のできることは、あまりに微力です。
神様の考えることは、私には分からない。
「どうしてこんな素敵なご夫婦に、お子さんを贈ってくれないの?」と神様に拳を振り上げることもあります。
それでバチが当たるなら、患者さんのかわりに私にバチが当たるなら、それこそ本望!
そんな覚悟で治療できるのも、家族がいない強みです。

愛する夫がいなくても
愛する子供がいなくても
私がやるべき役割はあるのです。
それが私の喜びです。

負け惜しみではありません。
嘘ではないので書きました。

これを読んでくださる方々に、可愛い赤ちゃんが来てくれますように!
でも、もし万が一、あなたのところに赤ちゃんが来なくても、
あなたが幸せな人生を送れますように!!


スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

二人目不妊ですべきこと

みなさんこんにちは、Jです。
すっかり秋めいてきましたね。
これからは急激に”冷え”の季節になってきます。
足を冷やさないようにしてくださいね。

さて、今回は、二人目不妊についてお話しようと思います。

一人目のお子さんを授かった時には嬉しさでいっぱいだったけれど、数年経ってくると今度は二人目をどうするかという問題が頭をもたげてきます。
「この子を一人っ子にするのも可哀そうだし…」ということで、再び妊娠に取り組む日々が再開されることも多いようです。

お一人目を自然妊娠されたかたは「また自然に」とお考えでしょうし、一人目をARTで授かったかたは「またARTかな」とお考えだと思います。
ARTで授かったかたに多いご質問に「一人妊娠した後は、自然妊娠しやすいのでしょうか?」というのがあります。
治療家の実感としては、一度出産なさった後はARTの結果が早く出るようには感じますが、自然妊娠しやすくなるかどうかは不明です。
半年くらいタイミングをはかってみて結果が出なければ、お二人目もARTを考えられたほうが、妊娠までの道のりは近くなるように感じます。

ただ、二人目ならではの盲点がいくつかあります。

1つは、両方の卵管はきちんと通じているかどうか…。
最初のご妊娠から年月が経っているので、その間に卵管が詰まっている可能性もあるわけです。
そうなるともちろん、自然妊娠はしない状態ですので、ARTが必要になります。
「一人自然に妊娠したから大丈夫」という盲信は禁物です。
半年タイミングを図っても妊娠しなければ、一度子宮卵管造影を試したほうが良いと思います。

それと、もう一つは、不育症である可能性です。
一人産んでいるからといって、不育症ではないという証明にはなりません。
もし、一人目の後、心拍確認後に流産を繰り返しているようでしたら、不育症の検査も必要だと思います。

西洋医学的に大事なのは上記の2つですが、東洋医学的には、もう一つ付け加えたいと思います。
それは、「自分のための時間をつくる」ということ。
子育てに追われると、どうしても自分の時間がゼロになってしまいがちです。
「子供のため」が優先で、「自分のため」はどこかに飛んで行ってしまっている。
それでは妊娠のために使える余力がないのです。

「自分のため」「自分の体のため」と思うと時間を作りにくいのですが、ご自分に余力がなければ、家族計画にも差し障ります。自分のためは、イコール二人目のお子さんのためでもあるのです。

足湯をして体を温めたり、お灸をしたり、そんな5分~10分のことから始めてみてほしいです。
理想をいえば、2週間に1度でもパパにお子さんを預けて、鍼灸治療に行くとか、アロママッサージに行くとかできると本当に良いですね。
ご自分のために時間をつくること、その時間を使って体を整えること…
それが結局は次の妊娠に向けてのチカラになってくるのですから。

これを読んでくださっているみなさんに、早く二人目の可愛い赤ちゃんが舞い降りますように!!



テーマ : 赤ちゃんがほしい
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

haplus

Author:haplus
横浜の不育・不妊を中心とした、女性重視の鍼灸院です。
不妊カウンセラーでもある男女の鍼灸師が、女性不妊・男性不妊を引き受けます。
また、不育症の治療に力を入れているのも特徴です。
http://haplus89.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村
皆さんからの応援よろしくお願いします
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。