FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療は統合医療で結果を出そう!

みなさんこんにちは!Jです。
関東ではずいぶん暖かい日が増えてきましたが、それでもまだまだ春特有の気温差があります。
みなさんがお住まいの地域はいかがですか?
ご体調に気を付けてくださいね!


さて、前回に引き続き今回も、「日本授精着床学会 ART生涯研修コース」からの情報をお知らせします。

医療法人三慧会理事長/IVF JAPAN CEO の森本義晴ドクターの発表です。
森本先生は、卵子のミトコンドリアを活性化することで卵子の老化を救うという研究をなさっています。

私にとって興味深かったのは、「不妊治療は統合医療によって成績が上がる」という部分でした。

先生いわく、細胞や臓器を標的とするのは西洋医学、全身のシステムを標的とするのが東洋医学などの方法であり、その両方を使ってチーム医療で患者さんを診ていくことが大事だというお話でした。

東洋医学、鍼・気功、栄養療法、心理療法、運動療法、音楽療法などが挙げられ、具体的な例として
自律訓練法、栄養カウンセリング、フィットネス、フラダンス、アロマトリートメント、受胎鍼、低出力レーザーなどによって妊娠率がアップしている様子が語られました。

このような統合医療を取り入れた患者さんと、取り入れなかった患者さんでは、妊娠率に差が出たとのこと。

正確にいうと、40歳以上の患者さんで、分割胚を1つ移植した例で比べています。
統合医療を取り入れた患者さんの平均年齢は42.1プラスマイナス2.1歳で、妊娠率は20.7%
取り入れなかった患者さんの平均年齢は41.5プラスマイナス1.6歳で、妊娠率は14.3%
その差、6.3%です。

双方ともに、不妊治療の患者さんとしては、決して若くありません。条件が良いとはいえない中でのこの差は大きいと私は思います。

当たり前のことですが、この数字は、妊娠は子宮と卵巣だけでするものではなく”全身全霊でするもの”だということを物語っているのではないでしょうか。

妊娠するためには、リラックスしてストレスを減らすことも大事。
運動して血液循環を良くすることも大事。
栄養のバランスを考えて、足りない栄養がないように気を配るのも大切。
そして、鍼灸治療で気血を動かし、体の深部までケアすることも欠かせない・・・

今のところ、ミトコンドリアを取り換えるなどの治療はまだ実用化されていません。
でも、統合医療的なアプローチは、今すぐにでもできることです。

もし、これをお読みくださっているかたがたで、まだ試していないことがあるようなら、早速始めてみてはいかがでしょうか?
「忙しくてフィットネススタジオに通う時間なんかない」というかたも、速足で駅まで歩くことから始めても良いと思います。
歩きやすい靴で、両手があくようなバッグにして、軽快に大股で15分くらい歩いてみましょう。
出勤時に15分、帰宅時に15分歩けば、一日30分ウォーキングできます。
ただし、会社に着いたら汗はしっかり拭いて、できれば着替えて冷えを予防してくださいね!

これを読んでくださっているかたがたに、一日も早くかわいい赤ちゃんが授かりますように!!

スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

主席卵胞=一番すぐれた卵子ではない

関東では桜の季節も終わりましたが、皆様の地域ではいかがですか?
桜を見ると、「ああ、また一年たったなあ」と思います。

不妊治療をトライし続けている皆様の中にも、「来年こそ赤ちゃんと一緒に見たい」と思いながら桜を見上げられたかたもいらっしゃったかもしれませんね。


さて、今日は採卵に関するお話をしようと思います。
先日、『日本授精着床学会』の研修に参加してきました。
最新の情報を聞くことができて、非常に有意義な一日でした。

今日は、中でも、私にとって衝撃だったお話をシェアしようと思います。

それは、名古屋にある浅田レディースクリニック理事長である、浅田義正先生の発表でした。
発表のなかで、さりげなく触れられた事実。
私は思わず心の中で「マジでー!?と叫びましたね。

それがこれです。

「本来、ヒトという種には、卵子の選択制御機構はない」

つまり、「たまたま偶然ほどよい大きさだった卵胞が1つだけ育っていくだけ」なのだそうです。

×一番良い卵子が選ばれて育つ、わけではない
×一番良い卵子から先に大きくなる、わけでもない


えー!じゃあなんで、自然周期では1つの卵胞だけが育って、あとはしぼんでしまうの?

実は、「一度の妊娠で多胎にならないように、1つの卵胞だけ育つように調節する」からだそうです。

これ、はっきり言って衝撃でした。

自然周期で採卵するクリニックでは「一番良い卵子が選ばれて主席卵胞になるのだから、それを1つだけ採卵すれば、一番良い卵子が採れる」と説明されていると思います。

私も「競争に勝ち残った卵子が一番生命力のある卵子なんだろう」と漠然と思っていました。
でも、「これが一番良い卵子だから、これを育てよう」という選択をする能力は、人間の卵巣には備わっていないというのです。

ガーン!

それって、たまたまタイミングがずれてしまったために、惜しくもしぼんでいく運命の卵子の中に、一番良い卵子があるかもしれないってことですよね。
もったいない!!!

人間は、2本足で立ちあがってしまったために、骨盤の都合でたくさんの赤ちゃんを一度に妊娠するのは難しくなりました。
だから、仕方なく、卵子を1つに絞っているのだそうです。
もったいない!!!

目からウロコとはこのことです。

だったら、自然の状態では惜しくもしぼんでいく運命だった(実はとても良い)卵子をレスキューするために、ホルモン剤を使ってみるのは必要なことなんだ・・・と心から納得できました。
卵胞がたくさん採れるうちは、採っておいたほうが良いんだなぁ・・・

ホルモン剤を使うと副作用がひどくて、生活の質が落ちてしまうというかたは別ですが、自然周期=ベストの卵子という考えで長く続けておられるかたがいらしたら、一度卵巣刺激を試されると良いのでは?と思いました。

これをお読みいただいているかたがたに、一日も早くかわいい赤ちゃんが授かりますように!

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

haplus

Author:haplus
横浜の不育・不妊を中心とした、女性重視の鍼灸院です。
不妊カウンセラーでもある男女の鍼灸師が、女性不妊・男性不妊を引き受けます。
また、不育症の治療に力を入れているのも特徴です。
http://haplus89.com/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村
皆さんからの応援よろしくお願いします
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。